脇の黒ずみばかりではなく毛穴ケアもオススメ!清潔がポイント

脇の黒ずみが気になってよく見たら、毛穴が黒くなっている場合もありますね。

毛穴は、汗と皮脂と毛を放出するところですね。
そして、脇の毛穴は常に刺激を与えています。

脱毛としてカミソリを使ったり、毛抜きで抜いていると、毛穴に刺激を与えます。

そのままにしておくことで、解放状態の毛穴は、汚れがそのままつき、角栓となって、黒い毛穴ができます。
その時にメラニン色素が刺激によって、たくさん分泌してしまい、肌を黒くしてしまいます。

黒い毛穴に気が付かず、脱毛を続けていると、過角化してしまい、角質が硬くなって厚くなって、黒くなります。
そうなると、脱毛はしているのに、なんとなく黒い脇になってしまいます。

乾燥肌の方でも、脇は乾燥していないですよね。
それでも雑菌も多く、脱毛後何もしていないと本来必要な保湿ではなく、汚れたままになってしまいます。

脇の下を常に清潔にしておくのは困難なことですが、携帯用に汗拭きなどを用意して、こまめに汗をふき、黒ずみの原因になるような脱毛もしないことが大切です。

それでも、夏が近づいてきて、早く解消したい方は、皮膚科や美容皮膚科で、レーザー治療をしましょう。

その後のケア方法はきちんと守ることが大切で、自己処理の脱毛ではなく、エステなどで脱毛ケアをすることをオススメします。
きちんと手入れをしたら、とてもキレイな肌ですから、顔と同じように優しくケアすることをオススメします。

脇の下を不潔にしていると、黒ずみばかりではなくニキビもできますから要注意ですよ。